先輩インタビュー

Voice of IAI

VOICE OF IAI

  1. Home
  2. 先輩インタビュー
  3. 中学校
  4. 宇佐川 桜来さん

遺愛女子中学校、「愛を遺す学校」

中学校

宇佐川 桜来さん

2022年卒

遺愛学院がフローラ・ベスト・ハリスによって創立された1874年から、すでに150年近く経っています。これまでに数えきれないほど多くの先輩方が希望を胸に、この校舎を旅立っていったことでしょう。私が遺愛に入学したいと思ったのは、そんな歴史ある校舎で勉強したかったからです。

遺愛での生活は、まず朝の礼拝から始まります。礼拝でのお話は心の糧となるようなものが多く、とても良い1日のスタートとなります。授業はとても分かりやすく、先生方が細かいところまで丁寧に教えてくださいます。

特に英語に関しては、英会話という授業があり、ネイティブの先生方が日常生活に使える英語や発音などを一つひとつわかりやすく教えてくださいます。ですから勉強が得意でない人でも心配することはありません。

また勉強面だけでなく、行事も充実しているのが遺愛の魅力です。学校祭、体育祭、合唱コンクールやクリスマス礼拝、どの行事も和気あいあいとしており、笑顔で溢れています。

皆さんも多くの愛が詰まった歴史ある校舎で遺愛ライフを送りませんか。