先輩インタビュー

Voice of IAI

VOICE OF IAI

高校は勉強も大切ですが、出会いが一番大切だと思います。

普通科特別進学コース

佐藤 未来さん

高校在校生

私は遺愛が大好きです。入学当初は「なぜ遺愛に来たのか?」と聞かれても「なんとなく」としか答えることができませんでした。しかし、今は遺愛に入学するという選択肢が正しかったと心から思います。高校時代というのは将来について真剣に考え、悩み始める時期なのではないでしょうか。遺愛は、どんな些細なことでもわかるまで丁寧に教えてくださり、進路や生活面などについて親身になって相談にのってくれるたくさんの先生方に恵まれています。夢の実現に向け、準備をする素晴らしい環境が整っています。

また、教室を共にする仲間は、志を高く持った人が多いため、互いに切磋琢磨しながら、自分の学習意欲も向上させてくれます。それぞれの叶えたい夢に向かい、一生懸命勉強に取り組む仲間の姿を見ることで刺激を受け、大きな原動力となります。

高校は勉強も大切ですが、出会いが一番大切だと思います。遺愛でそんな仲間たちに出会えたことに心から感謝しています。昨年度は、残念ながら新型コロナウイルスの影響で、遺愛祭や体育祭など、中止になった行事がありましたが、例年では伝統と団結力にあふれ、人とのつながりが広がる魅力的な行事となっています。他にも、地域のボランティア活動やさまざまな講演会を通して、多方面から学ぶ機会も多く、遺愛は私たちに幅広い視野を養う多くの「きっかけ」を作ってくださいます。これは自分の可能性をより広げられるとても貴重な経験になります。

幅広い世代にわたって遺愛の卒業生が本校に訪れます。それほど、みんなに愛されている学校であるため、恵まれた環境だけでなく、愛にあふれる遺愛高校をぜひ肌で感じてほしいです。最初は不安に思うこともあると思いますが、最後は「遺愛でよかった」と思える日が必ず来るはずです。皆さんがこの伝統ある遺愛で学び、後悔のない充実した高校生活を過ごされることを、心からお祈りしております。