先輩インタビュー

Voice of IAI

VOICE OF IAI

自分の可能性を最大限引き出せる環境があります。

普通科特別進学コース

犬飼 こよりさん

東京大学 2022年度

私は難関大学に入りたい、という目標を持って遺愛に入学したわけではありません。ですが、これといった夢も目標もない私が東京大学に合格し、自分の可能性を広げられたのは遺愛という恵まれた環境の下で三年間を過ごすことができたからだと思います。私は今、遺愛を選んで良かったと心から思っています。遺愛では多くの先生達が生徒の進路実現のために力を尽くしてくださいます。休み時間や放課後にも快く指導してくださり、勉強や進路などの相談にいつでも乗ってくださる優しい先生ばかりです。また、高い目標を持った友人達と励まし合い、助け合い、時には競い合いながら互いを高めていくことができます。私は文武両道に励んでいる友人や何事にも一生懸命な友人の姿を見て、自分も頑張ろうという気持ちにさせられました。もちろん勉強だけではなく、クラスの絆がさらに深まった遺愛祭や体育祭などの学校行事や、友人とたわいのない話をして盛り上がった休み時間などもとても楽しいものであり、大切な思い出となりました。

三年間を通して、私は多くの人に支えられて生きていることを強く実感しました。遺愛で学ぶ中で、日常の些細なことにも感謝できるようになり、人間としても成長できたと思います。遺愛には素敵な仲間がたくさんいます。そのような仲間達や自分を支えてくれる存在を大切にして、勉強や部活動、ボランティア活動などに全力で打ち込めば、きっと実りある高校生活を送ることができるでしょう。遺愛に入れば、自分のやる気と努力次第でどのような道も開けると思います。皆さんも遺愛で充実した三年間を過ごしてみてください。

この記事のタグから探す