歴史沿革

歴史沿革

開港以来、様々な異国文化を導入してきた函館に、あるアメリカ人宣教師夫妻(M・Cハリス夫妻)が訪れたのは1874年の事でした。着任早々、ハリス夫人は、当時はまだ遅れていた日本教育の現状を目の当たりにし、特に女子教育の必要性を強く感じました。そこで婦人は、アメリカで発行されているメソジスト監督派教会婦人伝道局の機関誌に、現状と学校が必要であることを報告しました。

ちょうどその頃、アメリカのカロライン・ライト夫人は悲しみに暮れていました。最愛の娘を病気で失ってしまったのです。ライト夫人はハリス夫人同様、敬虔なクリスチャンでした。

ハリス夫人の書いたその機関誌の記事は、ライト夫人の心を揺り動かしました。

ライト夫人は昇天された愛娘への祈りと神へのご恩に報いるために、そして良き奉仕として、愛娘の教育資金にとためていたお金を献金として申し出たのです。

ハリス夫人が来函してから8年後、1882年、元町の高台に洋風の校舎が開校されました。今の遺愛幼稚園のある場所です。ライト夫人の名をとって、校名は「カロライン・ライト・メモリアル・スクール」とされました。これが遺愛学院の始まりです。関東以北の学校としては最初の開校となりました。

最初は6人の女学生からのスタートでした。その後、幼稚園の併設、校舎の現在地への移転、学科新設など学制改革を重ね、今日に至っています。

遺愛が、一貫したキリスト教主義であること、女性として、人間としての教育を大切にしているのは、こうした二人の意志を受け継いでいるからなのです。

遺愛の母であるハリス夫人・ライト夫人の肖像のレリーフは学校のほぼ中心にあるホールに飾られ、毎日遺愛生を見守っています。

ミセス・カロライン・ライト

ミセス・フローラ・ハリス

歴史・沿革 1874〜2006

1874(明治7年)

アメリカ・メソジスト教会牧師、M・Cハリス夫妻来函。
ただちに、日々学校(Day School)を開設した。
これが遺愛学院の始まりである。(創基年)

1876(明治9年)

ハリス夫人の「如何にして婦人を救うべきか」〜ウーマン・フレンズ紙に掲載。

1878(明治11年)

アメリカよりプリースト女史が来函、下地をつくる。

1881(明治14年)

C・R・ライト夫人(駐独・アメリカ公使夫人)の献金で、
現遺愛幼稚園所在地(元町)に校舎起工。

1882(明治15年)

文部省認可の正式な女学校として2月1日開校〜校名
「カロライン・ライト・メモリアル・スクール」(創立年)

1885(明治18年)

校名を「遺愛女学校」と称する。

1891(明治24年)

予科設置。小学生も入学させる。

1892(明治25年)

予科を尋常小学科に変更。(1908年、廃止)

1895(明治28年)

幼稚園併置。

1900(明治33年)

予備科設置。(1914年、廃止)

1908(明治41年)

湯川通り(現校地)に新校舎・寄宿舎・宣教師館完成。校歌制定。

1915(大正4年)

校章制定。鈴蘭会(現生徒会の前身)発足。

1924(大正13年)

大縄町に第二遺愛幼稚園発足。

1930(昭和5年)

セーラー服の制服制定。

1934(昭和9年)

函館大火。被災児童救援のため、鈴蘭園託児所開設。

1935(昭和10年)

講堂完成。学校新聞「聖鐘」創刊(現「遺愛新聞」の前身)。

1937(昭和12年)

日中戦争始まり、この頃より、軍国主義的諸行事への参加始まる。

1941(昭和16年)

太平洋戦争始まる。学校報国団結成。

1944(昭和19年)

「遺愛高等女学校」となる。

1945(昭和20年)

校舎・軍隊に接収され、的場国民学校へ移転。(4月)
敗戦。(8月)
校舎返還される。(10月)

1947(昭和22年)

新制中学校発足。

1948(昭和23年)

新制高等学校発足。「遺愛女子高等学校」及び「付設中学校」と改称。

1950(昭和25年)

遺愛P・T・A発足。

1954(昭和29年)

新制服(現行)制定。

1963(昭和38年)

生徒会機関紙「鈴蘭」創刊。

1969(昭和44年)

英語科新設。

1972(昭和47年)

「P・T・Aだより」発足。

1980(昭和55年)

創立百周年記念新校舎完成。

1981(昭和56年)

法人名を「遺愛学院」とする。

1982(昭和57年)

遺愛旭岡幼稚園開設(第二幼稚園発展的解消)。(4月)
旧宣教師館(ホワイトハウス)、北海道文化財に指定。(8月)
創立百周年記念式典。(9月)

1985(昭和60年)

講堂にパイプオルガン設置。

1988(昭和63年)

普通科特別進学コース設置。

1991(平成3年)

中学校〜中・高一貫の新体制発足。(4月)
創立百十周年記念・ライト館完成。

1992(平成4年)

中学校・新制服制定。(4月)
創立百十周年記念式典。(6月)

1996(平成8年)

創立百十五周年記念東館完成。(11月)

1997(平成9年)

本館登録有形文化財に指定。(5月)
創立百十五周年記念式典。(9月)

1998(平成10年)

遺愛学院寮別館完成。

2001(平成13年)

ホワイトハウス 国の重要文化財に指定。(6月)

2002(平成14年)

創立百二十周年記念式典。(9月)
講堂 国の有形登録文化財に指定。(9月)

2004(平成16年)

創基百三十周年記念式典。(11月)
本館 国の重要文化財に指定。(12月)

2005(平成17年)

謝恩館 有形登録文化財に指定。(3月)

2006(平成18年)

新体育館完成。(4月)

ページの上に戻る