中学校の特徴

遺愛女子中学校は6年間の一貫カリキュラムです。

中学・高校を「3年+3年」と考えるのではなく、「6年」として過ごします。これにより、効率的な学習が出来、結果として授業進度を早めにとることが可能になります。高校受験がない分、将来の希望の進路にむけて、じっくり学習することが出来ます。

また、心身共に大きく発達する時期において、本校が創立以来大切に守り受けついできたキリスト教精神に基づく心の教育が、6年という歳月を通してしっかりと根付き、すぐに目に見えなくとも、やがて大きく花開くでしょう。

高校では全員特別進学コースへ進学できます。

遺愛女子中学生は高校進学時に特別進学コースになります。
特別進学コースは、国公立大学や理系学部を目指すコースです。

近年は、新教育課程の影響で大学受験が難しくなっていると言われています。しかし、多様化の時代の中で、生徒の志望も多岐に拡がっています。

目指すのは一人一人の可能性を伸ばすこと。どのような志望でも、一人一人の夢の実現にむかってサポートします。

中学、高校の6年間を通した指導が受けられ進路がはっきり見えてきます!!

基礎養成期

自立の芽生えが始まる時期

  • ・基礎的な生活習慣を身につける。
  • ・各教科の基礎をしっかり理解し、さらに応用力を身につけていく。
  • ・家庭学習時間は毎日2時間が目標。

Check!
中2までに中学の学習内容をおよそ終了します。

向上発展期

少しずつ、自立への光が見えてくる時期

  • ・自立的、自主的な学習生活態度の確立をめざす。
  • ・各自の能力の可能性や適性の発見に努める。
  • ・家庭学習時間は毎日3時間が目標。

Check!
中3から多くの授業が高校の学習内容に入ります。

完成応用期

自立を達成する時期

  • ・精神的に成長し、より高い学力と豊かな教養を身につけることができる。
  • ・自分の適性にあわせて将来の進路をしっかり考え、進学への意識を高める。
  • ・高2では文系・理系の選択をする。多くの教科で高校の教科書を修了する。
  • ・家庭学習時間は個々の志望大学・学部に応じて、毎日少なくとも3〜4時間以上。

Check!
高3では、多くの教科の授業が大学受験のための問題演習にあてられ、
志望大学現役合格を目指します。

カリキュラム

遺愛中学生は原則、全員遺愛高校の特別進学コースに進み大学進学に向け演習を行います。

中学

  1年生 2年生 3年生
聖書 1 1 1
国語 5 5 6
社会 3 3 4
数学 6 6 5
理科 3 4 4
音楽 1.5 1 1
美術 1.5 1 1
保健体育 3 3 3
技術家庭 2 2 1
英語 6 6 6
総合学習 2 2 2
LHR 1 1 1
合計 35 35 35

高校文系

※選択する内容により単位数が変わる教科もあります。

  1年生 2年生 3年生
聖書 1 1 1
国語 6 7 5
社会 4 6 7
数学 7 6 6
理科 5 3 4
音楽 1 1 1
保健体育 2 4 3
家庭 2 - -
英語 8 5 6
情報 - 2 -
総合学習 1 1 1
LHR 1 1 1
合計 38 38 35

高校理系

  1年生 2年生 3年生
聖書 1 1 1
国語 6 5 5
社会 4 4 3
数学 7 6 6
理科 5 7 8
音楽 1 1 1
保健体育 2 4 3
家庭 2 - -
英語 8 6 6
情報 - 2 -
総合学習 1 1 1
LHR 1 1 1
合計 38 38 35

遺愛では6年間の学習を具体的に中学・高校で重複する部分はまとめ、さらに詳しく勉強すべきところはじっくりと時間をかけて勉強できるようになりました。
中高一貫カリキュラムでは余裕をもって学力をつけることができます。

ページの上に戻る