遺愛幼稚園案内

明治28年(1895)遺愛女学校併置の遺愛幼稚園として創立されたが、明治40年(1907)8月の大火で遺愛女学校 ともども類焼。現幼稚園園舎は米国篤志家の寄付により 大正2年(1913)に建造された。この地は学校法人遺愛学院発祥の地である。

米国人宣教師M.Cハリスは米国メソジスト監督教会より派遣され 明治7年(1874)1月26日函館に到着後、付近の子女を集め直ちに日日学校(DaySchool)を開いた。

これが遺愛学院の濫觴である。ハリスは当時の札幌農学校で、 クラーク博士の依頼を受け、佐藤昌介、新渡戸稲造、内村鑑三らに 洗礼を授けている。

幾何学的なブラケットを付加し、櫛型ペデイメントを見せるポーチ 部は、正面をガラス張りとし、南側二方を吹き放している。

外壁をピンク色、隅柱、開口部などを白色にしあげた控えめな ステイックスタイルの建物である。